暗号通貨NEWS

「CIEX」の続報です。

こんにちは、株式会社BlockLaboです。

昨年5月に、「CIEX」のご紹介をいたしましたが、このCIEXは、「暗号通貨業界の天才」と言われている方が、イチ推ししていました。

そして、この方は、その後も継続して、第一線でCIEXのサポートを続けています。

この変動の激しい業界において、特定のプロジェクトを、一貫して責任を持ってサポートしている姿勢には敬意を感じている所です。

再度「CIEX」についてご紹介すると、CIEXは、2018年7月にスイスで設立された、下記の特長を持った取引所です。

  1. FINMA(スイスの金融庁)から正式ライセンス取得
  2. 「取引マイニング」を採用
  3. グループ会社が「CSPAY」(世界初の暗号通貨決済端末)を展開

CIEXは、短期収益という状況にはなっていませんが、サポートの甲斐があり、今後が楽しみな状況になってきました。

暗号通貨の世界では、見えない部分が多いことを利用して、人から利益を奪うことしか考えない人も、残念ながら少なくないのですが…

このように責任を持って参加者の成功にコミットして頑張る方はありがたい存在で、共に事業を進めて行く価値があると思います。
(もちろん人を妄信せずに絶えずチェックする目は必要です)

そして、今月に入って、彼がLINEグループに送られた情報をご参考までにご紹介したいと思います。

CSpayが仕掛けるCSトラベルの詳細が、中国の有名なメディアで掲載されました。

本文内ではキャピタルツーリズムと書いてあります。

記事は中国語で書かれているのでグーグル翻訳を使って読んでみてください。

詳細ページ

CSpayやCIEX取引所との連動などが今後どうなっていくのかは、また本社側から詳しい情報を聞きたいと思います。

現在KOCの方がかなり順調に国内シェアを伸ばしているので、CIEXの収納代行の仕組みなど早く提携できるようトーマスにも働きかけていきます。

以下少し長めですがグーグル翻訳した本文を掲載していきます、

詳細ページ

でもご覧いただけます。

内容としてはかなりポジティブニュースなのは間違いないです。

「少額支払い大時代」キャピタルツーリズムがニューエコノミーを強化

技術の急速な発展は消費者の支払い習慣の変化を促進しており、「ゼロキャッシュ時代」が到来しました。

デジタル通貨の上昇から現在まで、それはたった10年であり、この10年で、デジタル通貨が社会経済にもたらした変化は、逆さまと言うことができます。

2019年、中国のデジタルモバイル決済だけでも400兆に達し、オフライン小売の70%を占めています。

グローバルな観点から見ると、世界中で合計20億人がデジタル支払いを使用しています。

デジタル決済とモバイル決済は、一般の人々の生活に浸透しています。

この前提に基づいて、キャピタルツーリズムはモバイル決済とデジタル通貨に依存し、ブロックチェーン技術に基づいて、消費者、商人、プロモーター、プラットフォームの双方にとって有利な状況を実現する世界初の新しい共有エコノミーモデルを作成します。

目的は、ブロックチェーンテクノロジーを使用して、観光消費と国境を越えた消費の問題点と問題を解決し、大多数の企業の消費者グループを拡大し、営業利益を増やし、新しい小売のモデルを作成することです。

ビジネスプロセスで販売者のコストを削減しながら、顧客がより正確で幅広い顧客を獲得できるようにします。

キャピタルツーリズムは、CSPayキャピタルペイメントの第4世代のアップグレード製品として、CSPayのグローバルをリードするクロスチェーンブランチ中心のワンストップモバイル決済プラットフォームを利用して、グローバルな総支払いを実現しています。

キャピタルツーリズムシステムでは、消費者は首都のツーリストマーチャントで、または従来のインターネットアリペイ、WeChat支払いなどを通じて、任意の国の通貨で支払うことができ、ブロックチェーンデジタル通貨を使用して支払いを行い、支払いチェーン全体を開くことができます。

これは世界初であり、世界をリードする地位にあります。

規模の面では、総支払いの市場は無限に大きくなります。

ウォレットの多数のデジタル通貨には、支払いと消費のオフラインシナリオが必要です。

首都のオフラインおよびオンラインショッピングモールに接続されている限り、それらは安全で便利で高速です。

支払いと回収、さらにはリアルタイムの法定通貨両替。約2,000億米ドルのグローバル消費者市場を完全に開きました。

消費シナリオの観点から、韓国、日本、香港、タイなどでの効果的なプロモーションと運用を通じて、キャピタルツーリズムは最も多くのユーザーと最も便利な支払いプラットフォームを備えた最も人気のある支払いプラットフォームを形成しました。

能力、他の取引所は再び「車輪」を構築する必要はありません、直接観光を接ぎ木することは、新しい経済にとって最も効率的な方法です。

機能開発の観点から、キャピタルツーリズムは急速にグローバルに拡大し、グローバルなマーチャントアライアンスを構築しました。

消費者は、マーチャントアライアンスのマーチャントのいずれかで購入すると直接割引を受けることができ、グローバルな価格の一貫性を確保できます。

これは、世界中を旅行して消費するユーザーに特に適しています。

現在、Capital Tourism Chinaの運用チームは中国本土市場を模索しており、モバイル決済を使用する14億人と7億人の巨大な市場として、Capital Tourismは明るい未来を持っています。

文化観光市場を促進するために中国政府が発行した意見によると、中国の国内消費、特に観光消費市場は大幅に増加します。

統計局の統計によると、中国のアウトバウンド観光客数は2019年に1億6000万人に達し、消費額は2000億米ドル、インバウンド到着は1億4000万米ドル、中国の消費は1400億米ドルで、年間成長率は14%です。

キャピタルツーリズムは、シェアリングエコノミーを開発目標とし、高度な支払い技術を使用して経済を強化することにより、社会保障をより安全で便利なものにすることで、新しい経済の発展を推進します。