暗号通貨NEWS

TomoChain(トモチェーン)に注目

先日、暗号通貨業界で、長年にわたり第一線で活動を続けている知人とお会いしました。

彼は業界を熟知していますが、こう話していました。

いま暗号通貨業界は第二の急成長期を迎えている。ICOによる盛り上がりは、バブル的な様相を呈してしまったが、肝心の技術は、きちんと発展し続けている。

そして、いよいよ新しい技術が実用化の段階を迎えて、次々と面白いプロジェクトが実現している。

それに伴って、一部の暗号通貨は爆上げしている。

いま大チャンスが到来している

とのことでした。
(確かに、最近、非常に面白い案件が沢山入ってきます…)

そして彼が今最も注目しているのは、

TomoChain(トモチェーン)

とのことでしたので、ご紹介したいと思います。

TomoChain(トモチェーン)とは

TomoChainは、イーサリアムブロックチェーンを改良して構築された、公開ブロックチェーンです。

以下の7つの特徴があります。

  1. イーリアム(Ethereum)と同じアドレスで管理可能
  2. 圧倒的に安い手数料
  3. 圧倒的に速い送受信
  4. TOMO残高0でも送信できるトークン
  5. 簡単にステーキングできる
  6. プライバシーを守るTOMO P
  7. ETHもBTCもUSDTもラップしてDEXで取引可能

詳しくは、こちらによくまとめられていますので、ご参照ください。

公式ページ

仮想通貨「TOMO」は、BINANCEにも上場しており、3カ月前は27円ほどでしたが、今は100円を超えています。

TomoChainを使ったプロダクトが出てくるにつれて、今後、2000円に上がるだろうと予測しています。

さて、この「TOMO」を購入するのもアリですが、それよりも…

TomoChainを利用する、「未上場のトークン」を安く仕込み、上場後に売り抜ける、というのも、大きな魅力です。

何か月か後に数十倍を見込んでいるそうです。

この「未上場のトークン」は、上記の知人が手掛けているのですが、RMN(Roman Token)です。

コロナの影響でサイトの作成が遅れており、まだサイトもなく、諸々未公開なのですが、着々と準備は進んでおり、年内にマイナー取引所に上場、その後、有名取引所に上場予定です。

関連する技術は、本日Coincheckから発表になった、この技術です。

詳しくはこちら

ブロックチェーン技術を用いたデジタルアセット「NFT」を暗号資産と交換できる業界初の「NFTマーケットプレイス」立ち上げについて

かなり大きなビジネスになりそうです。

RMNにご関心がある方は、お知らせください。

今後、従来にも増して、様々な情報源から、爆上げ情報などを数多くお送りしたいと思います。

つい先日も、ある方の情報で、Binanceで「DOT」を購入したら良いと言われ、見ていた所、何と3日間で1.5倍になりました。。

8/31にロックアップ解除があるので、若干下がるかもですが、長期でも有望だそうです。

あと、ANT、CRV、も注目したらいいですよ、とのことでした。

このような情報にも、是非ご期待ください。