暗号通貨NEWS

第2次暗号通貨ブームについて

暗号通貨は、2017年のビットコイン等の高騰、ICOブームを経て、「ブロックチェーン技術の実用化」が進むに従い、いよいよ、地に足の着いたものになってきました。

下記、この業界に長年携わっている非常に詳しい方から頂いた文章を、抜粋してご紹介します。

これからの波と、それを迎える心構えを考える上で、大いに参考になると思います。

仮想通貨が世界に登場してから10年が経ち、ビットコインは社会的な地位を得ました。

2017年第1回目のバブル時に、多くの方々が、日本の取引所で口座開設をしたのではないでしょうか。

そこからハッキング事件が起き、世間では「仮想通貨は終わり」というようなイメージがつき、何となく離れてしまった人がほとんどでしょう。

しかし、ビットコインの根幹となっている分散型技術というのは、これからの世界に必要な技術であり、社会が大きく変わるきっかけとなっていきます。

現在の資本主義社会では、株式取引や先物取引、デリバティブ取引など多くの金融商品が登場していますが、これから仮想通貨の取引が一般的になっていくのもそう遠くはありません。

しかしながら、特に日本においては、仮想通貨の情報を正しく理解して発信している場所が少ないために、間違った情報や詐欺が横行しています。

そこで、世界的に認められたプロジェクトや業界のトレンドに合った銘柄を分析し、情報を発信していきます。

仮想通貨を通して、これから拡がっていく新しい技術や知識を取り入れていきましょう。

以上です。

当クラブでは、この方から特別に情報を仕入れることができるようになりましたので、今後はその情報を含め、更に厳選し、タイムリーに情報を発信していきたいと思います。

方針としては、分を争うデイトレ的な取引情報よりも、明らかに今後の価値が認められ。長期でも高騰の可能性が高い銘柄を確認し、その情報を発信していきたいと思います。

例えば、今最も注目されているのは「DeFi」(分散型金融技術)の銘柄です。

DeFiに関連した暗号通貨は、次々と数倍数十倍の高騰銘柄が続出しています。

それ以外にも、注目すべき情報が目白押しとなっています。

先日ご紹介した「DOT」は、その後高値を維持しています。

今月9日にロックアップが外れるのを見届けてから、保有するのも有力な戦略となることでしょう。

まず、最大手の取引所 Binance の口座を開設し、取引準備を進められることをお勧めします。

では、今後の情報にご期待ください。