暗号通貨投資入門

暗号通貨とは?仮想通貨との違いや仕組みを解説

暗号通貨と仮想通貨の違い

暗号通貨とは「仮想通貨」と同義ですが、世界的には「暗号通貨」のほうが一般的です。そのため、当ブログでは「暗号通貨」で統一して解説しております。

それでは早速、暗号通貨とは一体何なのか? を、分かりやすく解説して行きます。

「暗号通貨」とは、はデジタル技術が発達したことにより誕生した、Fintech(フィンテック。金融=「Finance」と技術=「Technology」が融合した革新的な金融商品・サービスのこと)の象徴ともいえるものになっています。

暗号通貨とはどういうものなのか?

実は、その定義は法律によって定められています。
(※法律では「暗号通貨」ではなく「仮想通貨」という言葉が使われています。)

この法律において「仮想通貨」とは、次に掲げるものをいう。

一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

(資金決済に関する法律 第二条 5 より)

と、このように書かれているのですが、なんだか難しいので(笑)暗号通貨とは何なのか?を簡単に言い換えますと、以下のように理解してもらえると良いと思います。

「特定のサービス内でのみ貨幣価値を持つものとしてオンライン上で全世界に流通する、国家が発行する通貨“ではない”通貨」

「ん?特定のサービス内…って何だ??」

と思われたかも知れませんね。

「特定のサービス内」というのは、「オンラインゲーム専用の通貨」などをイメージしてもらうと分かりやすいかと思います。

オンラインゲーム
オンラインゲーム専用の通貨以外にも、以下のようなものがあります。

  • 医療情報の提供
  • マーケティングデータ提供
  • リゾート内の各種施設の利用

など、対象としている「特定のサービス」は多岐にわたっており、それぞれのサービスを利用するために用いられる暗号通貨が日々開発されています。

その数は、この記事を書いている時点で約2000種類と言われています。

中でも代表的な暗号通貨は「ビットコイン(Bitcoin)」です。

最近は、テレビやインターネットなどの各種メディアで大々的に特集されるようになりましたので、この名前ぐらいはご存じの方も多いことと思います。

また、Bitcoin以外の暗号通貨のことは「アルトコイン」と呼ばれています。アルトコインの代表格は、「イーサリアム(Ethereum)」「リップル(Ripple)」「ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)」などです。
暗号通貨

イーサリアム(Ethereum)

Ethereum
イーサリアム(Ethereum・ETH)とは、ビットコインと同じくブロックチェーンの暗号技術を利用した暗号通貨の1つです。

通貨自体は「ETH」という単位で表されます。

暗号通貨の時価総額ランキングは、ビットコインに次いで第2位。

暗号通貨の時価総額ランキング第2位
なお、下記サイトでは、時価総額の多い順にランキングが掲載されていますのでご参照ください。

ランキングはこちらから

また、ビットコインと違って「スマートコントラクト」という技術を利用しているところが、イーサリアムの大きな特徴です。

※スマートコントラクトとは「事前に契約内容をプログラム上に定義することにより、契約実行の際のアクションを引き金に、自動的に実行される仕組み」ということです。この辺りは、また別で詳しく解説していきます。

スマートコントラクトを使うことによって、たとえば、ICOに参加するために イーサリアムを送金したい。と思ったとき、誰にいつ送金するのか?などの契約内容が自動的に実行されます。

そして、その契約が実行されると、実行された内容はネットワーク上に自動で保存されます。

ビットコインの場合は、ブロックチェーン上ですべての取引記録を管理していますが、イーサリアムは取引を行うと同時に、契約内容まで管理できる。というのが大きな特徴です。

この、中央機関を介さずに契約内容を自動的に実行・保存・管理できる点が、イーサリアムの大きな特徴です。

暗号通貨取引所の中でも、このイーサリアムを取り扱うところはとても多く、また、ICOに参加するために、イーサリアムを利用することも多くご存知の方も、保有している方も多い通貨です。

なお、イーサリアムは2013年にヴィタリック・ブテリン氏が設計をスタート。2014年にはプレセール(販売)が開始され、日本には 2015年頃から暗号通取引所でも取り扱いがスタートしました。

イーサリアムの特徴
  • スマートコントラクトという技術を利用
  • 中央機関を介さずに契約内容を自動的に実行できる
  • 暗号通貨の時価総額ランキング 第2位(※2018年10月時点)

リップル(Ripple)


リップル(Ripple・XRP)も、ビットコインや イーサリアム同様、暗号通貨の1つです。

通貨自体は「XRP」という単位で表されます。リプルやリップルコインとも呼ばれています。

暗号通貨の時価総額ランキングは 第3位。

暗号通貨の時価総額ランキング第3位

2012年にアメリカで誕生したリップルの大きな特徴は、送金や決済に特化していることです。これは元々、リップルが国際(銀行間)送金において速さと安さを追求した暗号通貨として開発された背景もあります。

なお、リップルはGoogleが出資したことで一気に有名になり、日本においても 三菱東京UFJ銀行が自社でも活用することを表明しています。

さらに、リップルのもう1つの特徴として挙げられるのが「ブリッジ通貨機能」です。

ブリッジ通貨機能というのは、「通貨間の橋渡しとなる通貨」の事を言います。なので、ブリッジなんですね。

詳しい仕組みは割愛しますが、このブリッジ機能により、法定通貨以外の「ビットコイン(BTC)」「イーサリアム(ETH)」などの暗号通貨にも換金が可能になりました。

世界中どこに居ても、円やドル、ユーロなどを リップル上のプラットフォームにおいて変換できるのです。

逆に、外国の通貨に換金する場合にも、このリップルの暗号通貨が利用できます。

例:日本円と米ドル間で送受金を行いたい場合

日本円と米ドルの通貨単位は「¥」と「$」です。この2つの異なる通貨を送受金しようとすると、これまでは銀行などで両替して送受金しなければなりませんでした。しかし、リップルを利用することで日本円から米ドルへの両替、またはその逆の両替がパパパット瞬時に行えるようになるのです。尚且つ、世界中どこへでも瞬時に送金を行うことが可能になるのです。

このように、暗号通貨が誕生するまでは、銀行から送金すると時間も手数料もかなりかかっていましたが、リップルなどで送金を行えば そのような問題も大幅に改善できるというワケです。

リップルのネットワーク上で出来ること
  • ドルを円に変換したい
  • 国際間での送金や両替を行いたい

ビットコインや イーサリアムと同様、時価総額ランキング上位に入っている=それだけ多くの場所で利用されているという証明でもあり、また、流通量も多いことからそれだけ信用度も高い。リップルに期待している人も多い。と言えます。

リップルの特徴
  • アルトコインにも換金が可能であること
  • 時価総額 第3位 ※2018年10月時点
  • 送金や決済に特化している

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)


ビットコインキャッシュとは、2017年8月1日にビットコイン通貨から分裂した暗号通貨です。

暗号通貨の時価総額ランキングは、第4位。

分裂?どうゆうこと??と思うかもしれません。これには、ビットコインの取引量の増大が原因としてあります。

前述の暗号通貨の時価総額ランキングを見ていただくとお分かりの通り、ビットコインは第1位です。

しかも、他のアルトコインを圧倒するほど群を抜いていますよね。

ということは、それだけ世界中でビットコインの取引が行われていることになります。当然、取引量が増えれば増えるほど、それだけ負荷を与えることになります。

その結果、ビットコインの取引スピードは低下を招くなどの問題を抱えていたのです。

つまり、ビットコイン取引量に適応できる容量がオーバーしてしまった。ということです。

その問題解決策として、一部のビットコインマイナーにより誕生した暗号通貨です。

ビットコインから分裂したことから、ビットコインキャッシュは「ビットコイン」と呼ばれることもあります。機能面でも、ビットコインと似ている部分も多いのですが、全く新しい暗号通貨だといえます。

以下、ビットコインとの違いについて記しましたのでご参考下さい。

ビットコインとビットコインキャッシュの違い
  • ブロックサイズの上限を、ビットコインの 1Mバイト→ 8Mバイトまで拡大
  • 取引量増大による取引スピード低下のリスクを回避
  • 全く新しい通貨ではあるが、ビットコントと交わらず共存できる
  • ハードウェアウォレットなどのセキュリティが向上している

このように、従来のビットコインが抱えていた 取引スピードが低下するリスク問題を改善し、より安全でスピーディに取引ができますよ。というのが、ビットコインキャッシュです。

とても素晴らしいビットコインキャッシュですが、いざ スタートしてみると、ビットコインよりも取引のスピードが遅い。という問題が出ていたようです。

しかし、その原因は「マイナーの数」と「マイニング報酬」が大きく関係しているとのこと。そのため、今後、「あぁ、本当にビットコインよりも取引スピードが速くなったな!」という時が来ると期待が持てます。

ビットコインが抱える問題を解決するために生まれた、ビットコインキャッシュ。

とはいえ、現状は 暗号通貨の時価総額ランキングをご覧のように、ビットコインほどのパワーはありません。がしかし、ビットコインキャッシュはマイナーが主となって生まれた暗号通貨です。

そのため、今後のマイナーたちの動向や発言によって、ビットコインに代わる可能性はあります。

ビットコインキャッシュの特徴
  • ビットコインが抱える問題を解決するために誕生
  • 時価総額 第4位 ※2018年10月時点
  • ビットコントと交わらず共存できる

そして、さきほど法律を記載したことからも明らかなように、

暗号通貨は国も認めている通貨

となっています。この点は、暗号通貨の信用性をある程度担保していると言えます。

また、その法律記載に「本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。」という表記がありましたが、これはつまり、

円や米ドルなどの、発行や管理の主体が国や中央銀行である法定通貨ではないもの

ということです。

言い換えますと、暗号通貨は法定通貨とは違い、国や中央銀行が発行や管理を行なうものではないということです。

さらに言えば、Bitcoinは中央で管理する人(中央管理者)が存在しません。これにより、その管理者が自分の思惑に偏った管理ができないように設計されていたのです。

ではどのように管理しているかというと、「ブロックチェーン」という技術によって「分散管理」をしているのです。この「ブロックチェーン」についてもこのブログで詳しく解説していますので、そちらをご参照ください。

なお、すべての暗号通貨が「中央管理者が存在しない」というわけではなく、国や中央銀行ではないものの、中央管理者が存在する暗号通貨もあります。「Ripple」はその代表であり、リップル社が管理をしています。

では次に、なぜ暗号通貨が生まれ、また、これほどまでに急成長を遂げたのでしょうか?

暗号通貨が誕生した背景

暗号通貨が誕生した背景その背景には、国家が発行する通貨への不信がありました。

なぜならば、国家が発行している限り、国家の意向でその通貨の価値は暴落させたり、無価値にもできてしまうからです。

事実、以下のように過去にも通貨の価値は暴落したことがあるんです。

  • 第2次世界大戦以降ではドイツ、ロシア、アルゼンチン、ギリシャが国債の債務不履行(デフォルト)を起こし、通貨の暴落…
  • 日本も第2次世界大戦の戦時中に急膨張した債務の支払が不可能な状況となり、1946年に預金封鎖。そして新円切り替えにより、円建ての旧国内債務を事実上デフォルトしたという過去があります…

このように、通貨の価値が暴落した事実があるため、不信があったのです。

「国家から独立した通貨を作る」論文の発表

そんな中、2008年に「国家から独立した通貨を作る」という主旨の論文が発表されました。中本哲史(ナカモトサトシ)という人物が発表した「Bitcoin : A Peer-to-Peer Electronic Cash System」という論文です。

原文は英語ですが、日本語訳もネット上に出ていますので、興味のある方は以下よりご覧になってみてください。

原文はコチラ

この論文の主旨は、次の3つです。

  1. 今回提唱する「Bitcoin」は、国家や金融機関を介さない通貨であること
  2. 全世界にスムーズに流通する電子的な通貨であること
    (金融機関を介した国際送金は時間も手数料もかかる。そうではなく、どこへでも簡単に、低い手数料で早く送金できるものである)
  3. その通貨が通貨として成り立つための「数に限りがあること」「社会が価値を認めていること」「信用があること」という要素を満たすための方法

そして、この論文を発表して以降、ナカモトはプログラマー等で構成されたコミュニティメンバーとともに「Bitcoin」の技術開発を行ない、のちにメンバーに管理権限を移し、メンバーが「Bitcoin」を完成させました。

世界初の暗号通貨はこのようにして誕生したわけです。

なお、ナカモトは日本人かどうかも、実在しているかどうかもわからない謎の人物とされています。

「そんな人物が発表したものが信用できるのか?」と思われるかもしれませんが、

  • 論文が実在し、その論文に賛同したプログラマーたちが「Bitcoin」を完成させ、その価値を全世界で確立させたという既成事実がある
  • その後、暗号通貨技術はさらなる進化を遂げ、暗号通貨の種類もどんどん増えており、相応のマーケットが形成されている
  • 先述の通り、国が法律で暗号通貨を定義しており、暗号通貨の信用性が担保されている

という3つの理由により、ナカモトが実在するかどうかにかかわらず「信用性のあるもの」として全世界で受け入れられているというのが実情です。

なお、暗号通貨を成立させている代表的な技術は「ブロックチェーン」と「スマートコントラクト」と呼ばれるものなのですが、詳しくはこのブログで解説しておりますのでご一読下さい。

特に、今から暗号通貨を始める方は、暗号通貨を成立させている代表的な技術「ブロックチェーン」「スマートコントラクト」は非常に重要ですので、必ず読まれることを強くお勧めいたします。

暗号通貨と電子マネーの違い

暗号通貨と電子マネーの違い
「暗号通貨が特定のサービス内でのみ貨幣価値を持つもの」ということであれば、コンビニや鉄道などの料金支払いに利用される専用の電子マネーやポイントと同じではないのか?

そのように思われるかもしれませんが、電子マネーやポイントなどは日本円をチャージして使うものですので、法定通貨の枠内にあるものといえます。

また、暗号通貨が電子マネーやポイントとは大きく異なるのは、「価格が変動する」という点です。

暗号通貨の代表とも言えるBitcoinが通貨としての価値を初めて持ったとされるのは、2010年5月22日に、あるプログラマーが1万BTC(←Bitcoinの通貨単位)でピザ2枚を購入したという出来事です。

ここで初めてBitcoinで商品代金を支払うという取引が成立し、暗号通貨は通貨としての価値が発生したとされています。

その後、Bitcoinの価値は上下を繰り返しながらどんどん上昇していき、2017年12月には、1BTCは220万円を超えていました。つまり、2010年にはピザ2枚ほどの価値だった「1万BTC」は、なんと220億円以上にもなったわけなのです。

ちなみに、現時点での1BTCの価値は、以下をクリックしてご覧ください。

現在の1BTCの価値

このように、暗号通貨は価値が上下します。なので、暗号通貨は電子マネーやポイントではなく「電子マネーに株の要素が入ったようなもの」と言うことができると思います。

暗号通貨のリスク

暗号通貨のリスク
様々な特徴を持つ暗号通貨ですが、ご存知の通りリスクも存在します。主なリスクについては、下記の6つが挙げられます。

1.ボラティリティ(価格変動の激しさ)が高いリスク

暗号通貨の値動きは株式やFXに比べて激しく、大暴騰も大暴落も起こりえます。つまり一気に価値が上がる反面、一気に下がることもありえますのでこの点をあらかじめ理解しておくことが必要です。

2.ハッキングによって盗難に遭うリスク

2018年1月に起こった「コインチェック事件」に代表されるように、取引所がハッキング被害に遭って、取引所のウォレット(各口座内にある、暗号通貨を預け入れている場所のこと)に預けていた暗号通貨が盗まれるリスクがあります。これを回避するためには、暗号通貨を取引所のウォレットに置いておかず、「ハードウェアウォレット」に保管することです。「ハードウェアウォレット」については別のマニュアルで解説しておりますのでご参照ください。

3.取引所が破綻して、預けていた暗号通貨が失われるリスク

特に海外の取引所はハッキング被害に遭ったことなどで破綻するケースが時々あります。この場合、その取引所のウォレットに入っている暗号通貨はまず戻ってきません。このことからも、やはり取引所のウォレットに置いておかず、「ハードウェアウォレット」に保管することが大切です。

4.送金ミスをしてしまうリスク

暗号通貨の送金先は「送金先アドレス」と呼ばれ、英数字のランダムな、しかも長い文字列になっています。そのうちたった一文字でも間違って送金すると、送り先に送金ができないばかりか、送金した額がそのまま消えてしまい、もとに戻すことができません。そのため、暗号通貨の送金はきわめて慎重に行なう必要があります。一文字ずつ手打ちすると間違いが起こりやすくなりますので、文字列をコピーアンドペーストした上で、正しいアドレスであることを何度も確認することが大切です。

5.パスワード紛失リスク

ハードウェアウォレットのパスワードや秘密鍵と呼ばれるキーを紛失してしまうと、ウォレットから暗号通貨を引き出せなくなります。そのため、パスワードや秘密鍵は必ずバックアップを取るべきです。しかも、それをオンライン上に置いておくとハッキングのリスクもあるため、紙に筆記する、あるいは印刷してオンライン上から消す、といった対策も必要です。

6.送金詰まりを起こすリスク

特に、Bitcoinにおいては取引量が多いため、送金に何日もかかってしまうリスクがあります。さらに言えば、送金に何日もかかっている間に大幅な値下がりをすることも考えられ、これもリスクと言えます。この場合、必ずBitcoinで送金しなければならないという以外は別のアルトコインで送金するなどの対応があります。

以上6つのリスクを挙げましたが、上記でお伝えしてきましたように、それぞれに対処法はあります。つまり、その対処を行なえばリスクを回避できるわけです。

なので、リスクを理解し、しっかり対処を行なうようにしましょう。

暗号通貨の購入方法

暗号通貨の購入方法

日本の取引所で購入する

一般的には、「取引所」(暗号通貨を売買できる場所)で買うことで得ることができます。

取引所は全世界にあるのですが、日本円で暗号通貨が買えるのは日本にある取引所だけです。なので必然的に、最初は日本の取引所に口座開設することになります。

ちなみに、取引所では暗号通貨の価格が刻一刻と変動します。この点は、株式やFXの取引所と同じです。そのため、値動きやトレンドを見ながらできるだけ安く買うほうが当然お得になります。

ただ、ICOに参加するのでとにかく早く買いたい、という場合は多少高くてもその時点で買うことを優先すべきです。

なお、株式やFXの取引所と異なり、暗号通貨の取引所は土日祝日関係なく、24時間365日いつでも取引ができます。

このブログでは、日本の代表的な取引所である「ビットフライヤー(bitFlyer)」と「コインエクスチェンジ(QUOINEX)」の口座開設方法を動画とテキストで解説していきたいと思います。準備ができ次第 このブログにアップいたしますので、もう少々お待ち下さい。

ただ、日本の各取引所では、アルトコインに関しては購入できる暗号通貨が数種類ほどに限られています。そのため、日本の各取引所では取り扱いがないアルトコインを手に入れたい場合は、以下の手順を踏みます。

アルトコインの入手方法

アルトコインの入手方法
  1. 海外の取引所に口座開設する
  2. その口座に、日本の取引所の口座からBitcoinまたはEthereumを送金する
  3. 送金したBitcoinまたはEthereumで、手に入れたいアルトコインを入手する

これは、海外の取引所はアルトコインをBitcoinまたはEthereumで売買できるようになっているからです。(これを「BTC建て」あるいは「ETH建て」と言います。ちなみに日本円で売買できる場合は「円建て」となります。)

マイニングを行う

マイニング
また、もう一つの方法は「マイニング」(取引のデジタル承認・検証作業)を行なうことです。

マイニングを行なうと、その報酬として暗号通貨を得ることができます。「マイニング」については、また別の記事で詳しく解説しています。

以上、「暗号通貨とは」ということで暗号通貨の基本的な知識をお届けしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

暗号通貨の仕組み、また入手方法、リスクについてご理解いただけたことと思います。さらに深い部分、具体的な部分についてもどんどんアップしていきますのでお楽しみに!