暗号通貨NEWS

暗号通貨最前線で活躍中の “暗号通貨の達人” による特別レポート

こんにちは、本格的な夏到来という感じですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回も、

「暗号通貨最前線で活躍中の “暗号通貨の達人” による特別レポート」

をお届けしたいと思います。ちなみに、この特別レポートは

単なる暗号通貨のニュースとは異なります。

達人の目で、あらゆるニュースや動向を眺め、豊富な経験に照らして、

いま暗号通貨はどういう方向に進み、これからどうすべきか

という最も重要な内容をまとめて、会員の皆様のために書き下ろしてもらう、という形式です。

他のニュースサイト等では決して見られない、良質、貴重で価値が高い情報をお伝えして参ります。

今回は、H氏からのコラムお届けしたいと思います。

H氏とは?

彼は数年前からブロックチェーンの研究を開始し、最近も国内外含めほとんどの主要イベントに参加し、ブロックチェーンの最前線で活躍中のお一人です。

彼が日々感じ考えて内容は、皆様にも非常に有益だと思います。

では早速ですが、その第一弾コラムをお届けします。

第一弾コラム

今後の仮想通貨市場の動向について

今、仮想通貨の相場はかなり下がっていますね。

仮想通貨が今後どうなるか、上がるか、下がるか、今やめるべきなのか、いつ投資するべきなのか、について話ししていきます。

まず結論をお話しします!!

仮想通貨は今後、年末に向けて上がって行きます。

今ビットコインにつられて相場変動が起こってます。

私は、間違いなくビットコイン上がって行くと思いますが、ビットコインがこれから何故上昇するか?について、2つの理由を話していきます。

■まず1つ目!!

FUDがピークに達しています。
FUDとは、Fear(不安) Uncertainty(不誠実) Doubt(疑念) の頭文字を取ったものです!

もとはマーケティングに使われる用語で、人間はネガティヴな事(記事など)に反応する、という心理を利用する方法です。

そして今、そのFUDがピークに達しています。

仮想通貨が暴落するにつれ、メディアでは【バブルが終わった】【仮想通貨が崩壊した】などの報道が目立ちます。

しかし、これはポジティブな兆候だと思います。

実際、為替や株式などの市場は、恐怖指数がピークに達すると相場価格の底をつけるのは有名な話ですね。

そして2つ目!

マウントゴックスの民事再生です!

これにより、マウントゴックスが約1600億円保有しているビットコインを売る必要がなくなります。

これまで、マウントゴックスの売りは市場の潜在的な売り要因とされ、いつ下がっても怖いという不安材料とされて来たので、それが消えるのは良い材料ですね。

また、ビットフライヤーの新規顧客停止は良いことです。

先程お話ししたFUDといえば、ビットフライヤーの新規顧客停止もそうですね。

実際にこの報道を知って不安になった人は少なくないでしょう。

これは確実にいい事です。何故かというと、国が精査した後、新規顧客募集を再開したら、その時は国民が安心して使えることになりますよね。

なので短期で見れば悪い情報ですが、長期で見れば使用する顧客にはプラスに作用すると思います。

★まとめ

FUD(不安要素)がピークに達して、これだけのネガティヴ情報が出てもまだ持ちこたえているのが今の仮想通貨市場であり、ポジティブな考え方をすれば

【これだけネガティヴな材料が出ても60万を切らない】

という見方もできます。

相場を見ると50万円台まで落ちる可能性はありますが、まだ耐えている現状です

それこそが【FUDのピーク】となるでしょう。

以上

いかがでしたでしょうか。

様々なニュースや状況を噛み砕いて分析した結論を書いていただきました。もちろん100%確定ではありませんが、ご参考になりお役に立てればと思う次第です。

今後とも引き続き、暗号通貨に関する良質で価値ある情報をお届けして参りますので、是非ご期待ください。