暗号通貨NEWS

ビットコイン価格の今後の予想

今回の暗号通貨NEWSでは、ビットコイン価格の今後の動向について機関投資家の動向をウォッチしている、プロ投資家からのコラムをお届けしたいと思います。

まず、再び100万円台をうかがう勢いだったビットコイン価格も、現在60万円台中盤まで下落してきています。

知り合いのヘッジファンド仮想通貨部門のチームですが、この下落相場でどのように収益を取ろうとしているのか?をヒアリングできましたので、お知らせします。

過去ほとんど、このヘッジファンド仮想通貨部門から聞いた方針の通りに、相場は動いています。偶然とは思えません。
やはり、まだ小さい仮想通貨相場ですので、一部の巨大ファンドの思惑通りに相場は動かされているようです。。

現在の収益モデルとしては、

  • ビットコインショートによる短期先物取引をメインとする
  • 現物長期保有
  • ビットコインとその他アルトコインのアービトラージ

でポートフォリオを組んでいる模様です。

中長期保有で現物を持っている状態を継続しながらも、下落相場で短期ショートでその損失を埋める、もしくは利益を大きくするという戦略のようです。

つまり、アマチュアの専売特許(上昇だけを期待したBUY&HOLD、通称ガチホ)だけでなく、トレンドに応じてポートフォリオを柔軟に組んできているという事です。

株や為替といった従来のアセット取引と同様なポートフォリオになってきている模様です。

やはり多くのプロが参入してくる事によって様々な取引方法が出現してきています。

そして仮想通貨の将来について彼らは、依然非常にポジティブと捉えている様です。理由は

「既に大きく成長してきたこの美味しい市場を既得権益者は手放す筈がない」という考え方をしているようです。

過去の株式市場、為替市場等々、個人投資家が参入してきた市場の特徴は、「個人投資家を太らせて太らせて刈り取る」の繰り返しです。

この仮想通貨市場は、特に他の市場よりもより多くの個人投資家が参入してきている事は明白です。その個人投資家がいなくなれば彼らの食いぶちが無くなってしまいます。

今後彼らが個人投資家から合法的に資金を巻き上げる為にも、そしてより多くの新規資金の流入を促す為にも、いずれ仮想通貨の価格を大きく上昇させる事は必要不可欠な条件でしょう。

以上からも、ビットコイン価格が今後史上最高値を更新してくる可能性は大いにあると想定している模様です。

再度情報が入りましたら更新致します。

以上

いかがでしょうか。マクロ的な動向を見る上で、大いに参考になるかと思います。

それでは、引き続き暗号通貨に関する価値ある情報をお届けして参りますので、是非ご期待ください。