マイニング

マイニング(Mining)とは

マイニング(Mining)とは

直訳すると「採掘」となりますが、暗号通貨のマイニングは鉱山から貴金属を採掘するような一般的な採掘のイメージとは少し異なります。

暗号通貨のマイニングとはどういうものなのか?

暗号通貨の多くは世界中で取引されており、その取引記録はブロックチェーンのブロック内に書き込まれていきます。

たとえば「AさんがBさんに1BTCを送金した」という取引が生じた場合、この取引記録がブロックに書き込まれるわけです。このデータのことを「トランザクション」と言い、実際のトランザクションは以下のようなサイトでリアルタイムに確認することができます。

詳しくはコチラから!

そして、記録された取引は「データの検証」および「承認作業」が行なわれて初めて「取引完了」となります。一度承認作業が行なわれると、そのデータはブロックチェーンに記録され、改ざんできない仕組みとなっています。

この「承認作業」がすなわち「マイニング」なのです。

ちなみに、マイニングを行なう人のことは「マイナー」と呼ばれています。

Bitcoinのように中央機関や中央管理者が存在しない暗号通貨は、世界中のマイナーによってマイニングが行なわれ、これによって取引を成立させているのです。

なお、マイナーになるのに特別な資格は必要なく、インターネットにつながるパソコンやタブレットがあれば、誰でもマイナーになることができます。

ただし、後述するさまざまな状況により、実質上は大手企業やマイニングプールと呼ばれる専門集団がマイナーとなっているケースが多いです。

日本でマイニング事業に参入している大手企業としては「GMOインターネット」「DMM.com」「SBIホールディングス」などが挙げられます。

暗号通貨のマイニングの仕組み

暗号通貨のマイニングの仕組みは、大まかには以下のようになっています。

トランザクションの記録は「ハッシュ関数」で暗号化される

トランザクションがブロックチェーンのブロック内に記録される際、その記録はすべて「ハッシュ関数」というもので暗号化されます。

たとえば「AさんがBさんに1BTCを送金した」という取引が生じた場合、これをハッシュ関数に変換する「ハッシュ化」を行なうと、ランダムに長く形成された英数字の文字列が出力され、これにより暗号化されるという仕組みです。

こうして一度ハッシュ化されると、そのハッシュ関数から逆算して「AさんがBさんに1BTCを送金した」という取引は導けないようになっています。これにより、トランザクションの改ざんが防げるわけです。

なお、トランザクションだけでなく、ブロックチェーンの各ブロックもハッシュ関数によって変換されています。

マイナーが計算を行なってマイニング(承認作業)する

トランザクションがハッシュ化されると、マイナーが取引の承認作業、すなわちマイニングを行ないます。では、その承認作業は具体的にどのように行なうのでしょうか?

それは簡単に言いますと、以下のようになります。

  • 直前のブロックのハッシュ関数
  • 新たに生成されるブロックに含まれる全ての取引データ
  • 任意の代入数値(これを「ナンス値」と言います)

これらの値をハッシュ化して「計算」を行ない、取引が承認となる「正解」を導き出す。

この計算の結果、ハッシュ関数があらかじめ決められた約束に沿った数値になれば取引が承認されるのです。

たとえばBitcoinの場合は、計算結果が「先頭に『0』が16個並ぶ数値が出たら承認する(ブロックを生成する)」という決まりがあります。

難易度調整と半減期

難易度調整と半減期は、マイナーたちのマイニング量を適正に保つために用いられている仕組みです。

さきほどの「計算」には難易度があり、難易度が高いと取引の承認や送金速度が遅延してしまいます。逆に難易度が低いと取引の承認が進みすぎてマイニング報酬のために新たに発行される暗号通貨が増えてインフレ状態になりかねません。

そこで、定期的に難易度調整を行なってバランスを保つわけです。ちなみに、Bitcoinの場合は2016ブロックが形成されるごとに難易度調整が行なわれます。

一方、半減期は、一定周期ごとに暗号通貨の発行数を半減させるという仕組みです。その際、マイニングによってマイナーが得られる報酬も半減されます。

暗号通貨の多くはあらかじめ総発行量が定められています。Bitcoinの場合は2100万BTCで、2140年にすべて発行されて終了となる予定です。

その予定どおりに遂行するため、ブロック数があらかじめ決められた数になった段階で半減期を迎える形になっています。Bitcoinの場合はそれが約4年周期で回ってきます。

ちなみに、今までの傾向では、半減期を迎えるとその暗号通貨の価格は高騰する傾向にあります。その理由は「発行数が抑えられるために価値が上がるから」と考えられています。

マイニングに成功したマイナーは報酬として暗号通貨が貰える

上記の「あらかじめ決められた約束に沿った数値」、すなわち「正解」をどのマイナーよりも早く出すことができて「マイニング成功」を勝ち取ったマイナーには、その報酬として暗号通貨が新たに発行され、それをもらえることになります。

マイナーの主な目的は、この報酬を得ることにあります。つまり、マイニングは「取引所で購入する」という方法以外で暗号通貨を入手する方法でもあるわけなのです。

高い計算処理能力を持つマイナーが有利

マイナーが行なう計算は、任意の代入数値である「ナンス値」をランダムに入れていくことで行ないます。その中で「早い者勝ち」で正解を導き出してマイニングに成功したマイナーに報酬が入るわけです。

したがって、短時間に多数のナンス値を入れて計算できる高い計算処理能力を持っているマイナーが有利となります。

このように、 計算量が多いほどマイニングに成功しやすいような仕組みのことを「プルーフオブワーク(Proof of Work、PoW)」と言います。この点において、手持ちのパソコンやタブレッドでマイニングしようという個人は非常に不利です。

正解をなかなか導き出せない上に電気代ばかりかかるので、全く割に合いません。まして、Difficulty(採掘難易度)がどんどん高くなっている現状を考えれば、個人でマイニングを行なうのは実質的には不可能と言ってよいと思います。

一方、資金力のある大手企業は高性能のマイニングマシンを何台も用意し、広い敷地に専用施設を設置してマイニングを行なっています。マシンの放熱がすごいので冷却することも必要で、そのため電気代がかなり高くつきます。

もしも得られるマイニング報酬が少なければ、収支が赤字になってしまう可能性すらあります。

そこで、土地代や電気代を節約するために、施設を電気代の安い海外、かつ寒冷地に作るケースも増えています。

個人がマイニングを行なう方法

上記のことから、マイニングは個人が単独で行なう(これを「ソロマイニング」と言います)には不向きです。

しかし、次のような方法を取ることで、個人でもマイニングに参加して報酬を得る可能性が高まります。

1.プールマイニング

多数のマイナーたちとチームで行なうマイニング方法です。そのチームのことを「マイニングプール」と言います。

一人の計算能力では太刀打ちできなくても、チームで能力を合わせればマイニングができるというわけです。実際、大きなマイニングプールの計算能力はとても高いので、マイニング報酬が安定して得られやすくなっています。

なお、得られたマイニング報酬は個人の計算能力の割合に応じて分配されます。

ただし、手持ちのパソコンやタブレッド程度では計算能力が劣るので、ある程度高性能のマイニングマシンは用意する必要があります。そのためには高額な費用も必要になります。

さらに、自分の計算によって「正解」が導き出せて「マイニング成功」となっても、報酬はあくまで個人の計算能力の割合に応じて分配されるので、取り分が少なくなることは致し方ないところです。

2.クラウドマイニング

マイニングを行なっている企業や団体に投資を行ない、その企業や団体にマイニングをしてもらう方法です。高額なマイニングマシンの購入や電気代を考えずに済みますので、敷居の低いマイニング参加方法と言えます。

ただし、「投資」であるがゆえに、クラウドマイニングの実態がない「クラウドマイニング詐欺」も横行しており、投資金を持ち逃げされる可能性もありますので注意が必要です。さらに、実際にクラウドマイニングを行なっていても、その企業が倒産して投資金を回収できないリスクもあります。

以上、マイニングの基本的な知識をお届けしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

なお、当社では、個人でもマイニングができるマイニングプール案件、また前代未聞の画期的なマイニングスキームなども、リリース可能となった時点で優先的に告知をしております。

それでは、これで「マイニングとは」の説明を終わります。

ありがとうございました。