暗号通貨NEWS

投資のプロが実践しているクリプトファンドとは?

さて、前回の「最新NEWS」では前回のメールで、「ビットコイン等が暴落!今後も暗号通貨で稼げるのか?」ということで、4つの有望な方法をご紹介しました。

ビットコイン等が暴落!今後も暗号通貨で稼げるのか?暗号通貨市場では、ビットコイン等が暴落 その中でも実に様々な両方向のニュースが飛び交っております。 もう底固めが完了して...

それぞれ魅力的な方法なのですが、本日は、

では、今、どれを実行すべきか?!

をお伝えしたいと思います。

結論に触れる前に、改めて前回のおさらいしたいと思います。

暗号通貨で稼ぐための4つの方法
  • 暗号通貨の購入
  • ICO
  • 暗号通貨のトレード
  • 暗号通貨のアービトラージ(鞘取り)

以上4つのうち、特に今、大きな注目を集めているのは、

「暗号通貨の購入」です。

暗号通貨の購入
それは、今、

多くの暗号通貨が「激安」だからです。

ただし、「どの暗号通貨をどれくらい購入すれば良いか?」は、かなり難しいです。

「ビットコインを買っておけばいい」という話もありますが…、

投資の鉄則

すべての卵を一つのカゴに盛るな

という投資の鉄則がある通り、分散投資によって、リスクを低減し、パフォーマンスの期待値を上げる必要があります。

つまり、「適切なポートフォリオを組んで分散投資する」という原則を、暗号通貨にも応用する必要があります。

プロが実践している商品とは?

実は、まさにこれをプロが実践している商品が、「クリプトファンド」です。

クリプトファンド
プロのヘッジファンドマネージャーが、暗号通貨のポートフォリオを組み、リスクとリターンを最適にコントロールして、パッケージ商品化しているのです。

今、このクリプトファンドが激増しています。

下記、三菱UFJ銀行系のサイトでも紹介されていますので、是非ご参照ください。

上記サイトの下記の記述をご覧下さい。

仮想通貨そのものに焦点をあてたファンドも多数ある。

  • Crypto Currency Fund(クリプト・カレンシー・ファンド)
  • General Crypto(ジェネラル・クリプト)
  • Cryptor Trust(クリプトー・トラスト)
  • Crypto Lotus(クリプト・ルータス)

などが該当する。

これらが、「クリプトファンド」ですね。

こういう所が今、活発に動き、話題になっています。

下記の記事もそれを裏付けています。

1000BTCというのは、約5億円ですが、そういう大口取引がガンガン行われているのです。

クリプトファンドは株式で言うと「投資信託」と似ていますが、パフォーマンスとしては、比較にならない程の数字を期待できるでしょう。

ただ、今の所、日本ではICOのためのファンドがいくつかある程度で、安心して投資できる本格的クリプトファンドは皆無です。

日本では、法律の問題もあり、当分の間期待できないかも知れません。

よって、クリプトファンドに投資するなら、専門家の指導の下で、海外で組成されるクリプトファンドの中から、優秀なものを選ぶ必要がありそうです。

  • 日本人でも参加できるクリプトファンドの情報もあり、優秀なものがあれば、皆様にもご案内したいと思います。
  • 【暗号通貨のアービトラージ(鞘取り)】は、普遍的に低リスクのシステムです。優秀なものがあれば、皆様にもご案内したいと思います。

いずれも、今後の続報にご期待ください。

変化が激しく、収益のチャンスも非常に大きいのが暗号通貨市場です。

リスクを抑えながら、変化を収益に変えていく優れた方法を、今後ともご案内差し上げたいと思います。